脚やせ

脚やせ 効果的

ダイエットをして体重はしっかりと落ちたのに、太ももやふくらはぎは痩せないといった悩みを持つ方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

脚やせはダイエットの中でも1番難しいとさえ言われる部分です。
脚やせが難しいのは何故なのでしょう。

 

脚が痩せにくいのにはいくつか理由があります。その1つが「むくみ」です。
朝履いていたブーツが夕方になると入らなかったり、脱げなかったりといったことは多くの女性が経験しているのではないでしょうか。

 

次に「セルライト」です。脂肪と老廃物が塊になったものです。脂肪だけとは違い、なかなか取れません。

 

主な原因である、2つの共通点は体重を落とすダイエットをしても効果があまりないというところです。「むくみ」は重力の関係で、脚には水分溜まりやすいこと、血液の循環が悪くなりやすいために起こります。

 

「むくみ」は体重の増減で変わるものではないため、脚やせとダイエットは別として考えた方が良いようです。

 

「セルライト」も硬くなればなるほど落としにくく、マッサージなどで潰すといったケアで除去するのが一般的です。
下半身は脂肪を溜めやすく、太ももの筋肉はあまり使わないために痩せにくく、どんどん「セルライト」も硬くなっていってしまいます。

 

そうなってしまうと、体重が落ちただけでは、脚を細くすることはできません。
しかし逆を言うと、体重を落とさなくても「むくみ」を取り、「セルライト」を除去することで脚やせ効果があるということです。

脚やせ ハイヒール

脚やせにハイヒールを履くと良いと聞いたことのある人もいらっしゃると思います。
ハイヒールを履くと自然とつま先立ちになるので、効果はあるといわれていますが、ただ履くだけでは脚やせどころか、逆効果になる場合があります。

 

ハイヒールによる脚やせは、正しい歩き方をしていることが前提となります。
モデルさんのように正しいウォーキングができている状態であれば効果を期待してもいいでしょう。

 

履きなれていない場合は脚に負担もかかりますし、ぐらつきを抑えるために重心のバランスも悪くなり、体が歪んでしまうため下半身太りの原因となってしまいます。
また、合わないハイヒールを履くと外反母趾につながりますので注意が必要です。

 

ハイヒールでの脚やせ効果を得るためには、まず正しい歩き方や姿勢に気をつけましょう。
普段よりふくらはぎに負担がかかるため、履いた後のケアは念入りに行い、ふくらはぎに疲れを残さないように心がけて下さい。

 

正しい歩き方、姿勢、フットケアをするだけで充分に脚やせ効果はあります。
しかし間違えた履き方をして、逆効果になるリスクを考えると無理をしてまで取り入れることはないかもしれません。

 

脚やせ効果というよりは、脚を綺麗に見せる効果が期待できます。
美脚に見せたい時にハイヒールを履くというのもいいですね。

 

ハイヒールを履いた後にはマッサージをするなどフットケアは忘れずに行ない、負担がかからないようにスニーカーと使い分けるなどすると良いでしょう。